姿勢が悪いと頭も悪くなる?|東成区の大阪市営地下鉄「今里」駅3番出口から徒歩1分で肩こり・腰痛・骨盤矯正に強い整体カイロ院

今里駅近くの整体院 今里肩こり腰痛センター

ホットペッパー

[営業時間] 9:00~20:00
※予約受付時間 8:30~19:00
[定 休 日] 不定休
※土曜・日曜・祝日も営業

0669777769

お問い合わせ

ブログ

姿勢の悪さは脳に影響する!?

ブログ 2016年11月28日

「背筋を伸ばしなさい」「きちんと前を見て座りなさい」など、子供の頃から姿勢を良くするように言われた経験をたくさん持っている方もいると思います。

 

2736150

 

でも、最近は昔ほど言われたことが無いかも知れませんね、もしかして。

 

 

しかし、「なぜ姿勢を崩してはいけないのか?」を教えてもらえる機会はあまりなかったのではないでしょうか!

 

人間は楽な方に流されやすいものですから、理由も分からず「ダメ」と言われても、ついつい愚図愚図して仕舞います。

 

なかなか、正しい姿勢身につけられないという方は少なくない筈です。

 

姿勢が悪いことが、なぜダメなのかは、実は空間認知能から説明する事ができます。

 

人の脳には「空間認知能」という働きがあるのです。

空間認知能


その名前の通り、空間の中で位置や形などを認識する知能です。


「明日の10時」と言われたときに「翌日10時までの時間の長さをイメージする」といった、時空を把握する能力も空間認知能によるものです。


空間認知能は、空間認知中枢がその機能を担うほか、言語中枢など脳のさまざまな部位に空間認知機能を持った細胞が存在して働いています。


物を見てそれを絵に描く、本を読んでイメージを膨らませる、バランスを取って自転車に乗るなど、空間認知能は人間が思考するときや身体を動かす場面で非常に大切な役割をしています。


脳全体の機能にかかわっているものであると言っても過言ではありませんね!


例えば、物事の手順を考えるときは、特に空間認知能が重要な役割を果たすので、空間認知が苦手だと「要領の悪い人」「仕事の遅い人」になりかねないのです。


スポーツでも、空間認知能は、運動の得手不得手を大きく左右します。


さらに、空間認知能が低い人は数字に弱い傾向があります。


つまり、空間認知能が低いという事は、物事が覚えられない、仕事が遅い、運動が苦手、数字に弱い・・・などなど、「何をやってもダメな人」になってしまいかねないことを意味しているのですね。


意識的に「空間認知能」は鍛えることが出来る!

そこで、姿勢が大切になって来ます。


姿勢が正しく保たれていないと、体のバランスが崩れてしまい、空間認知能は働きにくくなるのです。


正しい姿勢、水平な目線を維持すると、物事を正確に理解したり、体をコントロールしたりすることがしやすくなります。


超一流と言われる人、とくに運動選手で、姿勢が悪い人はいないですよね。


「超一流だから姿勢がいい」のではなく「姿勢がいいから超一流」になれたと思います。


物事を考えるときにも、体のバランスを保っていると正確にものが見え、思考力が発揮できます。


もちろん、体が疲れないので、集中力が維持できるという点も無視できません。


そして、肩こり腰痛ぎっくり腰など、体のバランスの崩れで起こる体の不調もなりにくくなります。


目線を水平にしたり、体のバランスを取ったりすると言っても、「自分では正しい姿勢のつもりなのに実は曲がっている」と言う事もあります。


では、正しい姿勢を作るにはどうすればよいでしょうか?


まとめ

当院では、施術後スッキリとなっていただいても、そのいい状態を効果を持続して頂き、直ぐに再発しない為にも、日常生活での体の使い方や、そして、正しい姿勢についても丁寧にご指導させて頂いていますので、気楽にご来院してください。


なお、空間認知能を鍛えるには、姿勢だけではなく他にもありますので、ご来院の際に、またお話しできればいいなと思います。


[営業時間]9:00~20:00 ※予約受付時間8:30~19:00 
[定 休 日]不定休 ※土曜・日曜・祝日も営業

お問い合わせ